急増中のバーチャルレストランのいろはを解説♪


近年急増中のバーチャルレストランとはいったいどんなレストラン?バーチャルレストラン初心者の方にも丁寧にその仕組をご説明していきます。

これであなたも明日からバーチャルレストランを開業できちゃう!



目次:

1.そもそもバーチャルレストランとは

2.なぜ急増しているのか

3.レストランを始めるために必要なこと

4.開業準備を始めよう



1.そもそもバーチャルレストランとは


いったいバーチャルレストランってどういうこと?どんなビジネス?と思っていた方もいるかもしれません。


バーチャルレストラン」とはデリバリー専門の新しい飲食業態です。


実店舗を持つ飲食店が複数のブランドを提供することを言います。そのときは2店目以降をバーチャルという店舗を持たずデリバリーに特化した形で始めるのが特徴です。


例えば、カレー屋さんがお店でカレーを提供しつつ、バーチャルレストランで「タピオカ専門店」「フライドチキン専門店」を始めたとします。

カレー店では月に売上が10万しか出なかったとしても残りの「タピオカ専門店」「フライドチキン専門店」で各8万円ずつ売上を出せた場合、単純計算で26万の売上になります。


このように収入口を簡単に増やすことが可能なことから人気が出ました。



2.なぜ急増しているのか


なぜ始める人が急増したかというとフードデリバリーの需要の高まりを追い風にしているからです。

近年、Uber Eatsを代表したフードデリバリ産業が盛んになり、バーチャルレストランを始める経営者も増えました。


バーチャルレストランは手軽に店舗の売上を上げることができると言われています。

新しく資格を取得する必要もなく、収入源を増やすことができるなんて魅力的ですね!そのため飲食業界で人気を集めているのです!


最近ではバーチャルレストランに特化したブランドも数を増やしているため、気になる業種のフランチャイズを手軽に始めることも可能です。



3.レストランを始めるために必要なこと


バーチャルレストランを始めるために必要なことはたったひとつ、実店舗の“営業許可証”があることそれのみです。


Uber Eatsでは営業許可証1枚あればすぐに契約の申請へ進むことができます。


そのあとは、自分の希望するフードデリバリープラットフォームへ登録しましょう。

複数店の開業の場合、メニュー数も増加するためキッチンの中の導線をもう一度見直しておくと良いかもしれませんね。



4.開業準備を始めよう


近年話題のバーチャルレストランについて、ご説明してきましたがでしたでしょうか?思ったよりも簡単にできそうだなと思った人も多いはずです。

近年フードデリバリー産業は大きく成長を続けており、これからも伸びていく市場と言われています。


自分のビジネスをこれから拡大していきたいなと言う方も、ちょっと新しいことに挑戦してみたいと言う方もたくさんの可能性を秘めているバーチャルレストランを是非一緒にはじめてみまませんか?