Uber Eats「レストランマネージャー」にログインできない...そんなときの対処法を徹底紹介


長引くコロナ禍で、飲食店の売上が伸び悩む店舗等が出る中、サイドビジネスとして、「ゴーストレストラン」を開業する飲食店も増えています。


ゴーストレストランの外部デリバリーツールとして、Uber Eatsを利用するオーナー様も多いはずです。


そんなオーナー様には「Uber Eatsレストランマネージャー」というUber Eatsのプラットフォームを使用することがおすすめです。


注文の管理や、集客、売上の分析などを一元的に管理することができます。


また、既にUber Eatsレストランマネージャーをお使い頂いているオーナー様で、ログインができない!とお困りの方もいるかもしれません。


そこで、本日は【Uber Eats「レストランマネージャー」にログインできない...そんなときの対処法】を徹底紹介します。



目次:

1. Uber Eats レストランマネージャーとは?

2. レストランマネージャーの機能って?

3. ログインできないときは?

4. レストランマネージャーを使ってみよう!



1. Uber Eats レストランマネージャーとは?


Uber Eatsレストランマネージャーとは、Uber Eatsに関する様々な設定を行うことができる「運営管理ツール」です。


レストランマネージャーを使用すると、管理業務を簡素化し、顧客の注文管理を簡単に行うことができます。


また、データ分析や、メニューの簡単更新も行うことができ、マーケティングに役立てることが可能です。



2. レストランマネージャーの機能って?


「レストランマネージャー」の機能は大きく分けて3つあります。


①管理機能: 注文履歴の確認、お支払い明細の確認・ダウンロード、営業時間・調理時間の設定

②分析機能: 売上や注文傾向などの分析

③編集機能: メニューや営業時間の編集や登録


上記に記載した内容はレストランマネージャーの機能の一部ですが、他にも様々な機能をお使い頂けます。


Uber Eatsレストランマネージャーを使えば、注文管理、支払い管理、メニューの更新、各種分析などを1つのプラットフォームで一元的にリアルタイムで管理することができ、PCや携帯電話からいつでもログインすることができます。



3. ログインできないときは?


Uber Eatsレストランマネージャーにログインできない理由は様々ですが、そのほとんどが以下の2つだと言えます。


* アカウントのユーザー名が間違っている

* パスワードが間違っている


まれに、Uber Eats(ウーバーイーツ)のシステムの不具合であることもありますが、この場合はシステムの復旧まで待ちましょう。


システム不具合の場合を除き、Uber Eats マネージャー アカウントのユーザー名やパスワードを忘れたときは、まずは、


1.「Uber Eats ログイン情報」という件名のメールを確認しましょう。


このメールには、ユーザー名とパスワードが記載されています。


メールが見つからない場合や、登録情報のリセットを希望の場合は、


2. Uber Eatsのヘルプページから下記のフォームに必要事項を記入し、サポートに問い合わせてみましょう。


ユーザー名やパスワードの再設定を行うことが可能です。

フォームのリンク



4. レストランマネージャーを使ってみよう!


Uber Eats マネージャーのアプリを使用するで、リアルタイム通知で注文の状況を把握でき、すべてをモバイル機器で管理できます。


また、メニューや営業時間の更新、注文の傾向などを日ごとに把握して効率的に売り上げを伸ばすことができます。


ゴーストレストランを開業するならUber Eatsレストランマネージャーを使ってより良いオンラインデリバリーサービスの提供をしましょう。