Uber Eats レストランマネージャーの基礎を徹底解説


Uber Eatsを始めてみたけれどまだ使い方がいまいちよく分からない、、、。売り上げアップをするためにはこれからどんな戦略を立てていけばいいの?


レストランパートナーさんにとって利益の増加は大切な課題ですね。


Uber Eatsではレストランマネージャーを利用することでデータ収集や分析など、端末1台でビジネス管理をサポートしてくれます。


今回はそんなレストランマネージャーの基礎を徹底解説。これからUber Eatsを使ってお店を始めようとしている方も必見です。



目次:

1. Uber Eats レストランマネージャーとは?

2. レストランマネージャーの使い方とは?

3. レストランマネージャーでできることって?

4. Uber Eatsに登録してレストランマネージャーを使ってみよう!



1. Uber Eats レストランマネージャーとは?


レストランマネージャーとは、レストランパートナーの方を対象にデータや分析情報の収集などをおこなう「運用管理ツール」です。


レストランマネージャーの活用により商品や営業に関する管理業務を簡素化することができます。お客様のフィードバックにも迅速に対応することが可能です。これらの機能はモバイル機器で全て管理することができます。



2. レストランマネージャーの使い方とは?


まだ使い方がよく分からないという人もいると思います。今回はログインから、レストランマネージャーの使い方について簡単にご説明します。


①分析画面のURLを入力し、ログインを行います。

ログイン後はユーザ名、パスワードを入力します。


②管理画面ログインできたら、TOPページが見えますね。

今回はこの左側にあるメニューの

 ・分析

 ・フィードバック

 ・メニュー について説明をしていきます!


③分析

分析タブでは、指定期間の「売上」、「注文件数」、「平均単価」と「メニューごとの売上」を見ることができます。


希望の期間を選択することができデータをグラフから確認できます。


また「利用者(ベータ版)」からは新規、リピーターの構成や自店舗のページの閲覧回数なども見ることができます。コンバージョン率もここから確認することが可能です。


④フィードバック

フィードバックのタブからは、


・お客様からの総合的な評価である点数

・商品の評価

・配達員からの評価


の3つを確認できます。

各項目の詳細はクリックすることで閲覧可能です。


⑤メニュー

メニュータブでは3つの設定が可能です。


・営業時間の修正

こちらの画面で曜日ごとの営業時間を設定できます。


その後、営業時間の開始時間、終了時間を設定し保存してください。

営業しない日には×を入れましょう。


・メニューの変更・追加

メニューの変更・追加をする際は、まずは「写真を追加」をクリックしてください。


次のページに進んだら、新しく商品を追加する場合は右上の「+新しい商品」、既存の商品を変更する場合は商品の緑色の「商品名」をクリックしてください。


あとは各項目を埋めてもらい保存をすれば完了です。


・商品品切れの設定

商品の品切れ設定もメニューの画面から設定できます。


カテゴリーをクリックして商品名を表示。品切れしている商品名をクリックして下さい。


商品情報の税率の下の所に商品が品切れになった場合という項目があるので、そこをクリックすれば完了です。


その他の機能の使い方についてはまた次回ご説明できたらと思います。



3. レストランマネージャーでできることって?


レストランマネージャーは本当にたくさんの機能がありますが、その中でも是非活用してもらいたい機能をご紹介します。


①データ分析によりビジネス拡大

Uber Eats マネージャーの分析ツールでは、売上、注文量、注文エラーなどがインタフェースで表示されるため、レストランの実績をより深く理解することができます。


分析チャートは自分の希望に合わせて、昨日、過去 7 日間、12 週間、12 ヵ月など、範囲を指定しデータをまとめることが可能です。


グラフを解釈したりデータを読み取ったりする必要はなく、自動で情報は体系化されるので面倒な作業は不要です。


有益なデータデータをすぐに入手して今後の改善策を迅速に検討することが可能になります。


②改善に繋がるフィードバックの獲得

Uber Eatsのフィードバック機能では、メニュー、商品、お客様からみた配達員に対してのフィードバックを「よい(100%)」から「悪い(0%)」の範囲で見ることが可能です。


メニュー商品を比較し、販売状況に応じてメニューを調整することも可能です。


また、商品関するコメントも確認することができます。お客様と顔を合わさないため、このフィードバックは大切なビジネス指標のひとつになりますね。


また、お客様からのレビューには一つ一つ返信することも可能です。


③プロモーションの活用で宣伝効果を最大限に

お客様が注文するきっかけになる理由のひとつがこのプロモーションです。


お客様にとって最適なプロモーションを実施できている店舗はやはり注文数の増加を実感しています。


実態にあったプロモーションの種類を選択し、対象者、期間、予算を設定しましょう。実施に当たってはUber Eatsに特別な手数料を支払うことなく始めることができます。


魅力的なプロモーションを設定し認知度をアップさせるチャンスです。



4. Uber Eatsに登録してレストランマネージャーを使ってみよう!


いかかでしたでしょうか?今回紹介した機能はレストランマネージャーで利用することができる機能のほんの一部です。


レストランマネージャーには貴重なデータが沢山あります。使い方をマスターし、これらのデータ分析、マーケティング、管理機能などをビジネスに役立てお店の売り上げを伸ばしていきましょう。


Uber Eatsにぜひ登録してレストランマネージャーを利用してみてはいかがですか?