ウーバーイーツ(Uber Eats)の活用でゴーストレストランが最短2週間で開業できる!?


デリバリーフードサービスが近年拡大する中、“Uber Eats”を利用してゴーストレストランを開業するお店も増加してきました。


レストランをオープンするよりも、初期投資、ランニングコストを大幅に抑えられ、開業までにかかる時間も最短で2週間とメリットが多いです。



また、フランチャイズ加盟をすることで売り上げを伸ばす飲食店も増加しており、これからビジネスを始めたい方にとっては大きなチャンスと言えます。



目次:

1. 新たなビジネスモデルとして注目を集めるゴーストレストランとは?

2. ウーバーイーツ(Uber Eats)を申請すれば開業まで最短2週間!?

3. フランチャイズ加盟で開業までの時間を大幅カット

4. ウーバーイーツ(Uber Eats)でゴーストレストラン開業!

1. 新たなビジネスモデルとして注目を集めるゴーストレストランとは?


ゴーストレストランとは実店舗を持たず、注文をアプリで受けデリバリーでの配達を専門とした新形態のレストランです。


自己資金が少ない方でも、実店舗を持たないので初期費用や人件費などの開店後のランニングコストを最小限に抑えて自分のお店を持てることができるのがメリットです。


近年はフードデリバリー市場の成長に伴いこの“ゴーストレストラン”を始める店舗も急増しました。



2. ウーバーイーツ(Uber Eats)を申請すれば開業まで最短2週間!?


ゴーストレストランをオープンするにあたって必要不可欠になるのはデリバリープラットフォームへの登録です。


自社でデリバリーを始めようとする場合、車両購入やシステム構築、人材の確保など準備への時間や費用がどうしても掛かってきます。


しかし、Uber Eatsを利用して開業をしようとした場合、多額の初期費用は不要、また新規に人材を確保する必要もありません。


したがって、実店舗のレストランをオープンするよりも短い時間で開業することが可能ということになります。

Uber Eatsへのレストランパートナーへの登録も3Stepと簡単です。


フードデリバリー業界が成長している中、最短2週間で開業することのできるUber Eatsを活用すれば、今後ビジネスを拡大していくチャンスになりますね。

3. フランチャイズ加盟で開業までの時間を大幅カット

Uber Eatsでゴーストレストランをオープンする場合、登録からオープンまで最短でも3週間必要になります。


これでも、実店舗を利用したレストランをオープンするよりもだいぶ短時間での開業になるのですが、フランチャイズ加盟をした場合、なんと2週間でお店をオープンすることができるのです。


最近はゴーストレストランの開業方法としてフランチャイズ加盟を選ぶお店も珍しくありません。

フランチャイズ加盟のゴーストレストランでは本部が各店舗に対して、レシピや集客のためのノウハウを提供します。


また、経営に関するサポートもしてもらうことができます。そのため、本部店舗の認知度を利用することで集客に使う時間をカットすることや、自分で新作レシピを考えるような時間も削減することができます。


加盟先によっては開業に適した物件選びや宣伝広告活動も代行してくれる場合もあります。


これまでの実績でさまざまな経営ノウハウもあり事前研修を実施している本部もあるので、飲食店の開業が未経験の方にもおすすめです。

4. ウーバーイーツ(Uber Eats)でゴーストレストラン開業!

Uber Eatsは現在日本のフードデリバリーサービスの中でも圧倒的な認知度を持っています。


登録ユーザーやサービスエリアも拡大を続けているため、レストランの認知度Upも間違いないでしょう。


またUber Eatsの独自の注文システムを利用することで注文者の傾向分析や、商品に対するフィードバックなどの情報を得ることも可能です。そこから、売り上げUpに繋がるヒントも得ることができます。


Uber Eatsを利用してゴーストレストランを開業してみるメリットはたくさんありそうですね。

みなさん、今年はぜひゴーストレストランをオープンさせてビジネス拡大をしてみてはいかがでしょうか。