【飲食店開業】飲食店の出店にはどのくらい費用がかかるのか徹底解説


新型コロナウィルス感染拡大に伴い、飲食店は時短要請や営業自粛を余儀なくされており、2020年は飲食店の倒産が過去最多を記録しました。このような状況で飲食店の開業は危ぶまれていますが、出店の形は変化しており売上を上げているお店もあります。


では飲食店を出店するために必要な費用や準備はどのようなものがあるのでしょうか。



目次:

1. 飲食店を開業/出店するために必要なこと

2.開業/出店するにはいくらお金が必要?

3. 明日からできる開業方法をご紹介

4. ゴーストレストランを利用して開業準備を始めよう!



1. 飲食店を開業/出店するために必要なこと


飲食店を開業するにあたって、必要な申請や資格があります。

まず、飲食店で提供される飲食物は「飲食店営業許可」が下りている場所で作られる必要があるので飲食店の開業には「飲食店営業許可」が必要となります。この許可は保健所で申請することが可能です。


また、防火対象物の防火上の管理・予防・消防活動を行なうことを目的に「防火管理者」設置が義務付けられています。


次に保健所からの営業許可の取得があります。こちらは事前に保健所に相談し、余裕を持って申請しておきましょう。



2.開業/出店するにはいくらお金が必要?


飲食店を開業するためにかかる費用として


①物件取得代

②居抜き譲渡代

③内装工事

④厨房機器

⑤備品


など大きくわけて5つあります


これらを合わせると、飲食店を開業するのに必要な初期費用は800万~1200万円と言われています。(15坪など小さな店で個人開業する場合)

さらに大きい店舗や、内装などにこだわるとより多くの費用が必要になってきます。


3. 明日からできる開業方法をご紹介


飲食店の倒産が過去最多になっている中で顧客のニーズに応えた営業で売り上げをあげているおすすめしたい開業方法があります。


その名も「ゴーストレストラン」です。

聞いたことがない方も多いかもしれませんね。


ゴーストレストラン」とは、実店舗を持たず、注文が入ると料理をデリバリーでお客様の元まで届けてくれる飲食店の事を指します。


外食はできないけれど、お家でレストランの料理が食べたいという声が多く、そのようなニーズに応えて注目されているのが「ゴーストレストラン」です。



4. ゴーストレストランを利用して開業準備を始めよう!


いかがでしょうか?飲食店開業は厳しい情勢ですが、形を少し変えるだけで簡単に始められることが出来ます。


ゴーストレストランとして多くの飲食店が出店しており、注文を受けています。

飲食店開業に必要な免許を取得し、ゴーストレストランを開業してみてはいかがでしょうか。