【飲食店を開業したい人必見!】飲食店の開業前にやることをリストアップ


この記事では、昨今の飲食店業界の現状を踏まえて、飲食店を開業するためにはなにが必要なのかご紹介します。



目次:

1.飲食業界の現状

2.飲食店を開業するには?

3. 保健所の許可は必要?

4. ゴーストレストランに登録して開業準備を始めよう



1.飲食業界の現状とは


2020年、2021年は飲食店業界にとって非常に厳しい状況となっています。

原因はやはり新型コロナウイルスの感染拡大でしょう。


閉店になった飲食店が以前と比べて多くなった印象を持つ方もいるかもしれません。


実際に、帝国データバンクの調査によると、2020年の飲食店の倒産は最高クラスの水準でしたが、緊急事態宣言の協力金の影響である程度倒産は抑えられたと言われています。


このように、飲食店の現状として、外部の環境の影響をかなり受けていることがわかります。

一方、もちろんコロナ禍でも売り上げを伸ばしている飲食店もあります。

つまり、コロナ禍の状況にあった飲食店を開業すれば、可能性はあるということです。


以下で、まず飲食店開業の一般的な流れをご紹介し、コロナ禍に適した飲食店の形を簡単に説明します。



2.飲食店を開業するには?


飲食店開業のためには、まずは資金が必要です。

どれくらい必要かというと、最低数百万~1000万円程度が必要です。


自分の貯金などを利用するのが一般的ですが、銀行からの融資を受けたり、クラウドファンディングで資金を集める方法もあります。


ただし、銀行からの融資は審査がありますし、クラウドファンディングの場合も、多くの人からその飲食店の計画の支持を集めることができるかというハードルがあります。


まずは、開業のための資金があるか、もしくは調達できそうか確認しましょう。

上記の、資金があるという前提の上で以下のようなものが必要になります。


・飲食店の営業を行う場所を決める

・食材の仕入れ先を探す

・個人事業の開業・廃業等届出書の提出、また確定申告の準備 

 (法人として開業する場合は登記など別の手続きとなります。)

・レジシステムの導入

・従業員を募集する

 (家族で開業する、もしくは一人でできるような小規模の飲食店の場合は不要かもしれません。)



3. 保健所の許可は必要?


飲食店を開業するということは、食品を提供することになりますから、やはり保険所の許可は必要です。

具体的には以下の3点です。


①飲食店営業許可

②食品衛生責任者

③提供する食品別の許可


まず、①の飲食店営業許可についてです。大きな流れは以下の通りです。

1) 申請書を提出

2) 保健所が飲食店に立ち入り、衛生基準などを満たしているかどうかを確認


許可の取得までは、2~3週間かかりますが、2) の立ち入り検査で保健所から指摘が入ると、それに対応することが必要になり、さらに時間がかかることがあります。


立ち入り検査の段階での設備の不備を防ぐために、内装工事に入る前に保健所に相談する、もしくは飲食店の実績が豊富な内装業者に内装を依頼するなどの手段があります。


②の食品衛生責任者は飲食店を開業する場合、必ず取得する必要があります。

なんらかの食品の加工を行う施設に1名置く必要があるためです。


しかしながら保健所や衛生局にて1日で取得することができるので、そこまで負担は大きくないと言えるでしょう。具体的には各都道府県の食品衛生協会のHPで情報を取得することができます。


③はやや複雑ではありますが、確認する必要があります。具体的には、特定の食品を提供する場合はそれぞれ許可が必要をなります。例えば、菓子・乳製品・食肉製品などです。


こちらに関しては都道府県によってどの食品が対象となるのか、また許可の取得方法が異なるので注意が必要です。


詳細については、開業する都道府県の保健所に確認しましょう。

東京都の場合は以下をご参照ください。

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/kyoka/files/2019tebiki.pdf



4. ゴーストレストランに登録して開業準備を始めよう


飲食店の営業には許可が必要ということをお伝えしました。

さらにそもそも飲食店の開業資金は最低でも数百万円かかります。新型コロナウイルスの影響で先行きが不透明先行きが不透明ななかで、数百万円を投じるのはかなり勇気のいることでしょう。


それでも、飲食店を開業したいという方は「ゴーストレストラン」の開業がおすすめです。

ゴーストレストランは実店舗を持たないので開業にかかる費用が抑えられます。


さらに、実店舗を持たないということは、デリバリーやテイクアウトで料理を提供することになりますが、デリバリーなどの形は新型コロナの感染拡大の影響は受けにくいです。

むしろ、昨今の状況に適した飲食店の形と言えるのではないでしょうか。


実際に、大手のレストランチェーンでもゴーストレストランという形で、新しい店舗をオープンするなどといった事例も見られるようになりました。


さらに、個人の方のゴーストレストランの開業を支援するために、キッチンや場所を貸し出すサービスなども最近増えてきています。


コロナ禍でも、

「飲食店を開業し、自分の店を持ちたい!」

「自分で店舗を経営したい」


という思いのある方は、ゴーストレストランという形で自分の思いを実現できるかもしれません。