【最新版】コロナ禍における飲食店開業のリスクを徹底解説


現在コロナ禍において、飲食店開業は「あり」でしょうか、「なし」でしょうか?


コロナ禍における飲食店開業のメリットやデメリットに目を向けつつ、どのように「リスク」を回避していけばいいかみていきましょう。



目次:

1.飲食店の現状とは?

2.飲食店開業のメリット・デメリット

3. 飲食店開業の成功例・失敗例

4. 開業の成功のために必要なことは?



1.飲食店の現状とは?


コロナ禍における飲食店において、小さめの店舗では、三密を避けるために適正な座席数が作れず、地下の店舗では換気の面において不安があります。


またオフィス街などの店舗ではリモートワーク導入企業や外でランチを取らずお弁当やコンビニで済ましてしまう人も増え、客足が減少している傾向にあると言えます。


このように、コロナ禍での飲食店経営は悩みが尽きないと言えるでしょう。


しかしこうした現状でも大きな「リスク」を回避しつつ、「メリット」ある経営ができる可能性はあります。



2.飲食店開業のメリット・デメリット


[開業メリット]


・居抜き物件で低コスト開業

居抜き物件とは、過去に入っていた店舗の内装や厨房の設備などを、そのまま残した状態で買い上げる物件スタイルを指すものです。


新規開業にあたって、過去の設備を最大限に利用することでコストを抑えることができます。


・ライバルが少ない今がチャンス

コロナ禍により、閉店する店舗が増える一方、開業件数は減少傾向にあります。


つまり、同業他社や類似店舗のライバル店が少ないということです。


魅力的なメニューの開発、ユーザーのニーズを的確に捉えた店舗スタイルを確立させることで、通常よりも低いハードルで口コミによる集客を見込むことができるでしょう。


・家賃交渉により店舗経営費を節約

コロナ禍において、新規開業店舗が少なくなり、テナントビルをはじめとした物件所有者も苦しい状況が続いています。


誰も入らないなら、相場より安くしても誰かに使ってもらいたいという気持ちが大きくなっているでしょう。


そのため家賃交渉が優位に進められる可能性があり、ランニングコストの節約を見込むことができます。



[開業デメリット]


・商業施設内で営業する場合、営業日や営業時間に制限がある

コロナ禍では特に営業時間が変動しやすく、たとえデリバリーとして遅くまで営業したい場合でも、商業施設内の店舗だと、営業時間に区切りがあり、長く営業することができません。


開業場所は、よく考えて選びましょう。


・デリバリーの場合、料理や容器の工夫が必要になる

デリバリーになると、料理が完成してから客の手に届くまで、どうしても配達分の時間がかかります。


そのため、料理の温かさを考えたり、持ち運ぶ容器を工夫したりしなければ、顧客を獲得することは難しいでしょう。デリバリーならではの工夫が必要になることがよくわかります。



3. 飲食店開業の成功例・失敗例


コロナ禍において、成功している飲食店は、「ゴーストレストラン」や「テイクアウト・デリバリー」を活用したお店です。


成功例をみてみましょう。


「おへそ」

浜松の「和牛と魚貝 おへそ」は、コロナの状況でも赤字になることなく営業を続けています。


おへそでは、新型コロナへのスピーディな対応が特徴的です。

3月には外食をする人が減る中で、卒業式や入学式などのお祝いをしたい人のために、オードブルや弁当のテイクアウトも開始。


市内でテイクアウトをやっている店がほとんどいなかったことからも、多くの注文が入ったそうです。さらに、「期限付酒類小売業免許」を取得し、店内の希少な酒を提供しながら、「日本酒とあてのセット」や「ワインとキャビアのセット」などを周りよりもひと足早く販売。


休業している飲食業界の仲間に車での配達を依頼し、デリバリーも行っています。


常に半歩先を想像し、培ってきた調理技術を駆使して、リスクを回避しつつ店をブランディングしていくことが大事であることがよくわかります。


次は、失敗例です。


新宿のカレー屋さん

店は新宿で中小規模のIT企業がひしめくエリアに位置し、一日の売り上げの7〜8割をランチタイムで稼いでいました。近くには大手百貨店もありますが、百貨店のスタッフは40代くらいのミセスが多いので、オンラインのデリバリーサービスはなかなか使いません。


百貨店が近いことのメリットはあまりないようです。住宅街にある店舗と、オフィス街にある店舗とでは、状況はまるで違うようです。2月の売り上げは今までの月平均から7割も減っていたそうです。


毎月100万円売り上げていたとすれば、30万円まで落ち込んだことになるため、大きな損失です。

店舗の場所がそのお店にとって大きな打撃を与えることがよくわかります。



4. 開業の成功のために必要なことは?


外食を控えなければいけないこのような状況のなかで、成功するためには、いかに「リスク」を抑え、周りの店よりも半歩でも先を見て動く「行動力」にあります。


周りに流されず、どうすれば、お客さんが来てくれるか、買ってくれるかを一番に考え、実行することが鍵となるでしょう。