【飲食店の開業をしたい方必見!】飲食店開業で失敗しないために必要なことって?


飲食店を開業したいけど、なんだか不安。初めての開業で失敗する可能性はどのくらいあるの?とお考えの方に今回は飲食店の開業に必要なものと失敗しないために心がけて欲しいことをまとめました!


飲食店の現状も理解し、開業準備を進めていきましょう!


目次:

1.飲食店の現状とは?

2.飲食店を開業するには何が必要?

3. 失敗しないために必要なこと

4. ゴーストレストランを利用して開業準備を始めよう



1.飲食店の現状とは?


2021年年明けには緊急事態宣言、4月にはまん延防止等重点措置がなされ外出自粛が続く中、飲食業界からは将来に対する“不安”の声が相次いでいます。


新型コロナウイルスの影響を受けている外食・中食産業は売上は2021年1月に26.8%も減少していることが分かりました。(NPD Japan, エヌピーディー・ジャパン調べ)ニュースでも倒産する店舗が増加していると報道され、近年マイナスなイメージが多い飲食産業ですが成長を続けている利用形態もあります。


それが、Uber Eatsを代表とした「フードデリバリー」です。


2020年には市場規模が50%も増加し今後も成長していく見込みです。家族層の利用者も現在増加しており、需要は高まっています。



2.飲食店を開業するには何が必要?


フードデリバリー市場が伸びているなら、フードデリバリーに特化したお店を始めようと思った人も多いはず。


そこで、おすすめしたいのが“ゴーストレストラン”です。


ゴーストレストランとは実店舗を持たず、クラウドキッチンなどを利用し、フードデリバリーに特化した新形態のレストランです。


また、その開業は一般的な飲食店を始めるよりも初期投資が少なく、短期間で開業することができます。

一般的なお店を開くよりもリスクが少ないので参入がしやすいですね。


今回は「ゴーストレストラン」の開業に関して“開業前”に必要なものと、“開業後”に必要なものについてまとめてみました。


【開業前に必要なもの】

●物件の選定 ●食品営業許可書 ●メニューの準備 ●資材・材料の仕入先選定 ●融資の相談 ●初期費用準備 ●ホームページの作成 ●SNSアカウント作成 ●デリバリーサービスへのアカウント登録 ●従業員の募集(必要な場合)


【開業後に必要なもの】

●デリバリーサービスの運用 ●広告運用 ●収支計算 ●事業計画の作成 

●カスタマー対応マニュアル ●オペレーションの改善 ●デリバリー器具の機材メンテナンス ●お客様レビューへの返信 ●より良い仕入先の捜索  ●在庫管理 ●ウイルス対策 ●新しいメニューの開発


開業の流れとしては一般的な飲食店と基本的に変わりはありません。


ただ内装に時間やお金がかからないことや、人件費など、かかるコストは少なくなり開業のハードルは圧倒的に低くなりますね。



3. 失敗しないために必要なこと


リスクが少ないと言われているゴーストレストランですが、開業を失敗させないためにデメリットを事前に理解しておく事が大切です。


今回は3つのデメリットを紹介します。


①認知度

ゴーストレスランは名前の通り、実店舗がないのでお店の“認識度”を上げるのが難しいです。


接客やお店の雰囲気でお客様を呼ぶこともできません。他店と差別化するにも工夫した宣伝、広告が必要になります。


②メニューの限界

“提供できる料理にも限界”があります。デリバリー商品のため冷めても美味しいものが最適です。


出来たてを食べないと美味しくないものは提供が難しいでしょう。


③配達員

配達員が少ない地域では“配達員が不足”のため、なかなか注文につながらなかったり、配達が遅れる恐れもあります。


駅付近など配達員がたくさんいるような場所に物件がおすすめです。


これらのデメリット以外にも自分でデメリット、メリットを書き出して理解しておくで開業失敗のリスクは低くすることができます!



4. ゴーストレストランを利用して開業準備を始めよう


新型コロナウイルスの感染拡大により、消費者の食事に対する行動は大きな影響を受けています。


それに伴い、フードデリバリー需要は高まりゴーストレストランのような新しい飲食業態の追い風になりました。


いきなりの開業では失敗してしまうのではないかと不安を持っている方も多いと思いますが、事前に開業に情報収集を知っておくことは開業を成功させるために必要不可欠です。きちんとした知識を持っていることで失敗を防ぐことができます。


開業コストが低いのが何よりも魅力のゴーストレストラン


飲食店が初心者の方もビジネスを拡大したい方も、いきなり高いコストやリスクを背負って飲食店を開業するよりも、まずはゴーストレストランで「自分の店」を開いてみてはいかがでしょうか?