飲食店の経営に成功するためには?成功に必要なノウハウを完全伝授


「飲食店経営をなんとしてでも成功させたい」と思う方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、成功するためには様々な要素が必要です。

今回は成功の秘訣の一つである、ゴーストレストランという形で経営することを中心にご紹介します。



目次:

1.飲食店の開業方法とは

2.クラウドキッチンで経営に成功している事例

3.飲食店の経営に成功するために必要なこと

4.経営におすすめの低賃料のゴーストレストラン



1.飲食店の開業方法とは


飲食店開業のためには、まずは資金が必要です。どれくらい必要かというと、最低数百万~1000万円程度が必要です。


資金は以下から捻出することが考えられます。

・自分の貯金

・銀行からの融資

・クラウドファンディング


ただし、銀行からの融資は審査がありますし、クラウドファンディングの場合も、多くの人からその飲食店の計画の支持を集めることができるかというハードルがあります。

まずは、開業のための資金があるか、もしくは調達できそうか確認しましょう。


さらに、資金があるという前提で以下のようなもの必要になります。

1) 飲食店の営業を行う場所を決める

2) 食材の仕入れ先を探す

3) 個人事業の開業・廃業等届出書の提出、また確定申告の準備 

 (法人として開業する場合は登記など別の手続きとなります。)

4) 飲食店営業許可や食品衛生責任者などの資格の取得

5) レジシステムの導入

6) 従業員を募集する

 (家族で開業する、もしくは一人でできるような小規模の飲食店の場合は不要かもしれません。)


このように、資金を用意できるか、また店を構えるためのの良い物件を見つけられるかなど難易度の高い内容も含まれますし、その他やるべきことは様々なあります。


2.クラウドキッチンで経営に成功している事例


クラウドキッチンとは、複数の飲食店でキッチンをシェアするサービスのことです。

近年、クラウドキッチンの利用が飲食店開業の選択肢として注目されています。


ここでは、クラウドキッチンを用いて成功することができた飲食店として「NY屋台メシ!!チキンオーバーライス」を紹介します。


このキッチンは、クラウドキッチンが直接運営するゴーストレストランです。

飲食店を開業したい人がクラウドキッチンに入居するという形ではないため、一般的な飲食店開業のパターンではないかもしれません。


しかしクラウドキッチンを利用して飲食店の経営に成功している例として参考にしてみてください。


こちらは、クラウドキッチンを運営するキッチンベースが、自社運営の店舗として「KItchenBASE 中目黒」に開業したゴーストレストランです。

「チキンオーバーライス」がどんな料理かというと、スパイシーなライスとチキン・野菜を合わせたニューヨークの「屋台飯」です。


このレストランを運営するSENTOENによると、最高月商は450万円となっています。

このような月商を創り出した秘訣は、

1)「Mr.CHEESECAKE」で知られる田村浩二シェフが監修したメニュー

2) 最短1分で料理が作れるオペレーションを開発したこと

3) デリバリーで売れやすいエスニック料理のような味わいに注目し、日本で馴染みを薄いチキンオーバーライスをあえて販売したこと

などがあります。


このように、徹底的に料理の味にこだわり、デリバリーで速く提供したことで、クラウドキッチンでの飲食店経営に成功することができたようです。



3.飲食店の経営に成功するために必要なこと


飲食店の経営に成功するために必要なことは何と言ってもリスクを抑えることです。

具体的には初期費用や維持費を抑え、運営資金がなくなってしまうリスクをできるだけ低くするということです。


前述の通り飲食店を経営するための初期費用として、1000万円程度かかることも珍しくありませんし、その後も店の賃料や仕入れにかかる費用また人件費なども多くかかってきます。

特に銀行からの融資を受けている場合はそのぶんの返済をして、さらに維持費用を捻出する必要もあります。


初期費用や維持費用を抑えることで、どうしても売上が出ないような期間があったとしても少なくとも経営を続けることができる可能性が高くなります。


もちろん人気のメニューを開発したり、お客さんを沢山集めることも重要でしょう。

しかし飲食店を運営するための資金がなくなってしまっては元も子もありません。

「リスクを抑えること」は 一見目立たないことでありますが、飲食店の経営には不可欠なのです。


4.経営におすすめの低賃料のゴーストレストラン


飲食店経営には、資金面で経営が継続できなくなるリスクをできるだけ抑えることが重要です。

リスクを抑える選択肢の一つとして、ゴーストレストランという形での開業がオススメです。


ゴーストレストランとは、先程紹介したクラウドキッチンを利用し、デリバリーやテイクアウトで料理を提供するレストランのことです。

1からキッチンの設備を整える必要がなく、また複数の飲食店でキッチンをシェアするので初期費用や維持費をかなり抑えることができるといわれています。

例えば初期費用は、最大でも100万円程度で利用することができます。

通常の飲食店開業と比べると最大十分の一ほど抑えられます。


さらに、デリバリーやテイクアウトで料理を届けますから、最近の新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けにくいという側面もあります。


このように、飲食店経営に成功させるためには、リスクを抑えることが非常に重要であることをお伝えしました。手段の一つとして、ゴーストレストランを検討するのがオススメです。