人気沸騰中!バーチャルレストラン専門店を徹底解説

現在、人気急上昇中のバーチャルレストラン専門店!

メニューが専門的に特化しているため、これが食べたいと決まっているときに、すぐに検索して、人気の専門店に注文することができます。

そんなバーチャルレストラン専門店とは一体どんなものなのか、徹底解説していきます。



目次:

1.バーチャルレストランの現状

2.バーチャルレストランを運営するために必要なこと

3.おすすめの専門店をご紹介

4.今後もバーチャルレストランは増えていく



1.バーチャルレストランの現状


バーチャルレストランとは、客席を作らず、デリバリー専門店として最初から多店舗出店をしているようなレストランのことです。つまり、仮想専門店の集合体です。そのため飲食店が複数店舗を持つケースが増えてきています。


 例えば、居酒屋では、店内で人気のあるメニューであっても、デリバリーではなかなか注文されないというようなことが多くありました。それぞれお客さんの求めるニーズが異なるためです。そのような店舗がデリバリーに出店する場合は、ニーズのあるメニューに特化して出店することで成功を収めています。あるメニューに特化することで、例えばお肉が食べたいと考えた人は、唐揚げ専門店などを選び、また、手軽に食べたいと考えた人は、ハンバーガーやピザ専門店などを選ぶでしょう。


このように最近では、メニューを細分化し、ジャンルごとに専門店化することで、複数店舗に分けるという方法が取り入れられています。

また、店舗で提供していないメニューをデリバリー専門に提供しているところや、デリバリー専門の副業加盟店としてビジネス展開しているところも出てきており、必ずしも店舗内のメニューで展開するだけではなくなってきています。



2.バーチャルレストランを運営するために必要なこと


・飲食店営業許可のある調理場所を準備

→キッチンを新たに確保する場合、そこが飲食店として営業許可されているかどうかが重要になります。しっかりとチェックしましょう。もしも許可がない場所で開業すると、無許可営業となってしまい、法律違反となってしまいます。開業するための物件を選ぶ際には、飲食店営業許可が下りている物件であることを、しっかりと確認したうえで契約を検討していきましょう。


・デリバリーに適した立地を確保

デリバリー専門となるバーチャルレストランの場合、起点となる調理場所を確保する際、立地的には駅から近い場所が営業には有利だとされています。その理由は、配達を担当するデリバリースタッフの多くは、駅付近で待機していることが多いためです。つまり、駅から近いほど配送距離が短くなり、料金も安く済むことが期待できるからです。


・ネット環境(Wi-Fi環境)の整備

すべてオンライン上で受注などが行われるバーチャルレストランの場合、インターネットのWi-Fi環境が整っているかどうかは重要です。

ネット環境が不安定だと、せっかくのオーダーを取り逃がす可能性があり、大きな損失を生むことにつながってしまいます。物件選びの際には、ネット環境についてしっかりと確認してください。


・配達人が迷わず商品を受け取れる工夫が必要

バーチャルレストランを運営する場合、店舗にあるような目立つ看板がないため、配達人が店舗を見つけられない可能性があります。それでは商品を届けるのに時間がかかってしまい、温かい商品が冷めたり、冷たい商品が溶けてしまったりするため、店頭にしっかりと表示しておくことが重要です。


・お客さんにわかりやすいメニュー一覧

一番取り組みやすいのは、既存商品の中のメニューをピックアップし、味のバリエーションを増やして専門店化する方法です。そうすれば新しい商品を開発する手間は最小限となり、美味しいお料理を提供できます。また、厨房設備はそのまま使用できるため、オペレーション上の混乱も起きません。


・スペースの確保

バーチャルレストランで。

複数店舗を運営の場合、食材・包材の保管場所が必要になりますし、作業場所も必要になります。混乱することがないよう、場所はしっかりと確保するようにしましょう。



3.おすすめの専門店をご紹介


①クリスピーチキンアンドトマト

https://crispychicken.jp/

クリスピーチキンアンドトマトは、現地のトレンドを取り入れた斬新なソースの韓国フライドチキン専門店。安心・安全で食べられるこだわり抜いたチキンと、家族みんなが楽しめる多彩なソースで、"やみつきチキン"を楽しめます。


②究極のブロッコリーと鶏胸肉

https://qbt-jp.com/

“究極のブロッコリーと鶏胸肉”は「ストイックな低糖質食を、誰もが美味しく食べられるように。」がコンセプトのお店。糖質制限中でも味、栄養、価格すべての面で満足できる食事を摂れるように、鶏胸肉とブロッコリーだけを提供しています。


③東京からあげ専門店 あげたて

https://karaage-agetate.jp/

自家製のタレに漬け込んだ味わい深い「若鶏の醤油からあげ」が看板メニューのからあげ専門店。「あなたに「あげたて」を届けたい」というコンセプトのもと、揚げたてのからあげを提供しています。


どの店舗も店名から、どんな専門店かを想像することができ、お客さんが検索にかけたときにすぐに、見つけ出してもらえそうな店名になっています。



4.今後もバーチャルレストランは増えていく


コロナ禍により、バーチャルレストランのブームが起き、今後ますますバーチャルレストランのニーズは増えていくでしょう。それに伴い、今までなかったような専門店ができたり、一見変わった専門店ができたりして、よりバーチャルレストランは人気を上げていくでしょう。

このような人気の中で、どのような年齢層にどれくらいの価格設定で運営をしていくのかが、重要でしょう。