これから儲かる業態はこれ!ゴーストレストランで売上を作る方法


新型コロナウイルスの影響も追い風となり、メディア等でも「ゴーストレストラン」という飲食店開業の新たな形が注目され始めています。


ゴーストレストランとは、オンライン注文に特化した、店舗としての実体を持たない「無店舗型のレストラン」のことです。


初期費用やランニングコストを低く抑えることができ、開業リスクが少ないため、現在、飲食業態の新たなビジネスモデルとして、注目されています。


しかし、いざゴーストレストランを始めたくとも、売上を作る方法がわからないという方も多いはず。


そこで今回は、「これから儲かる業態はこれ!ゴーストレストランで売上を作る方法」について、ご紹介していきます。



目次

1. ゴーストレストラン開業に必要なもの

2. 初期費用と固定費の内訳

3. 利益率を上げる方法とは?

4. これから独立するならゴーストレストラン



1. ゴーストレストラン開業に必要なもの


ゴーストレストランの開業には何が必要なのでしょうか?


まず、ゴーストレストランは、従来の「来客型レストラン」とは異なり、「店舗」としての実体を持たないため、注文を受けてから、サービス提供までの流れは以下のようになっています。


1. オンラインで注文を受ける

2. 料理人がキッチンで注文料理を作成する

3. Uber Eats等の外部デリバリーソースを利用し、注文主に料理をお届けする


そのため、開業に必要なものは、


✔️調理用のキッチン

✔️料理人

✔️デリバリーサービスの登録


の3点になります。


キッチンについては現在、厨房等を持っていなくとも、①既存のお店のキッチンを間借りする方法や、②シェアリングキッチンのような共同スペースを利用しての開業方法があります。


また、サービス提供する商品については、自社で、商品開発やブランディングする方法の他にも、ゴーストレストラン向けの商品を販売している企業から販売権を取得するなどの方法があります。



2. 初期費用と固定費の内訳


ゴーストレストランは「クラウドキッチン」とも呼ばれ、そのメリットはなんと言っても、初期費用と、固定費を安く抑えることができる点です。


従来の店舗型のレストランでは、新たに飲食店を立ち上げる際の初期費用は100万円〜1,000万円程度と言われています。


しかし、ゴーストレストランは、客が来訪する店舗を開業する必要がないため、数十万円程の初期費用で開業することが可能です。


また、広い店舗等も必要がないため、家賃、人件費などのランニングコストを低く抑えることが出来ます。


初期費用とランニングコストの内訳は以下のようになります。


【初期費用とランニングコスト等固定費の内訳】


初期費用:

・数十万円


固定費::

・デリバリーシステムの利用料

・店舗の間借り費用、シェアリングキッチン等の利用料

・ゴーストレストラン向けの商品を販売している企業から商品を販売する場合は、販売権の手数料



3. 利益率を上げる方法


ゴーストレストランで、利益率を上げるには、大きく4つの方法が挙げられます。


①商品の単価を高くする

②手数料の安いデリバリーサービスを利用する

③キッチンや厨房をシェアリングキッチンする

④既に実店舗など厨房を持っているオーナー様は、シェアリングや貸出しをする


①や②については限界があるため、

これからゴーストレストランを始める方に向けて、③について詳しく説明していきます。


ゴーストレストランでは、厨房や冷凍庫等の調理機材をシェアリングするという発想で固定費の単価を下げることが出来ます。


単純に50万円の家賃を1社で賄うよりも、4社、5社で共有することで、1社あたりの単価を下げることが出来ます。


更に、調理器具等もシェアリングすることで、ランニングコストの削減に繋がり利益率の向上が見込めるのです。



4. これから独立するならゴーストレストラン


コロナウイルスの影響で、飲食業界も従来とは異なるサービス構造が求められる中、店舗物件や調理機材のイニシャルコスト、家賃や人件費等のランニングコストを大きく抑制できるゴーストレストランはまさに時代に対応した、今後、儲かる業態と言えるでしょう。


従来よりも低リスクで飲食店を開業することが出来るため、これから独立しようと考えている方にはゴーストレストランがオススメです。


アフターコロナでもデリバリーサービスの利用は伸びる分野だと考えられるため、独立を検討している方はゴーストレストランも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?