自宅でも開業可能?ゴーストレストランのはじめ方と注意すべきポイント


長引くコロナ禍で、デリバリーやテイクアウトの需要が拡大する中、無店舗型のデリバリー専門店として「ゴーストレストラン」を開業する方も増えています。


ゴーストレストランの開業に必要なものは、キッチンと、デリバリーサービスへの登録です。では、キッチンさえあれば自宅での開業も可能なのでしょうか?


そこで今回はゴーストレストランのはじめ方と注意すべきポイント、そして自宅でも開業可能なのかについてご紹介していきたいと思います。



目次

1. ゴーストレストランは独立開業に向いているの?

2. 自宅でも開業できるの?

3. ゴーストレストランを開業する前に注意すべきこと

4. 準備を整えてゴーストレストランを始めよう!



1. ゴーストレストランは独立開業に向いているの?


ゴーストレストランとは、実店舗を持たない「オンライン特化型のデリバリー専門店」です。


客が来店する店舗もなければ、椅子やテーブル、接客スタッフも不要なため、初期費用や開業リスクを抑えて開業することができます。


注文は全てオンラインで受け、料理の提供は外部デリバリーサービスを利用して客先に届ける仕組みになっています。


そのため、ゴーストレストランに必要なものは、「キッチン」と「デリバリーサービスへの登録」のみなのです。


独立を考えている方は、キッチンの間借りやシェアリングキッチンを利用することで、賃料や固定費を抑えることができます。


そのため、これから独立を考えている方には向いている飲食形態と言えるでしょう。



2. 自宅でも開業できるの?


キッチンさえあれば開業できるならば、自宅のキッチンでも開業できるのでは?と考える方もいらっしゃるでしょう。


結論から言うと、「飲食店営業許可」が得られる条件を満たしていれば自宅開業も可能です。


飲食店営業許可を受けるには保健所の検査を受け、設備や環境などの条件をクリアする必要があります。



3. ゴーストレストランを開業する前に注意すべきこと


ゴーストレストランを自宅開業する場合には、以下の2つの条件が必須なので、注意しましょう。


①飲食店営業許可書


飲食店営業許可書は必須です。


飲食店営業許可は、設備や環境などのいくつかの条件において、保健所の検査をクリアし、営業許可証を取得する必要があります。


簡潔に言うと、「食べ物を扱うのに適切かつ十分な環境と設備を満たしている」という条件を満たしている必要があるのです。


条件とは、建物の構造や、床の素材、壁の仕様、窓、器具の洗浄設備などいくつかの項目があります。


これら全ての項目を満たして、保健所の検査をクリアする必要があるので、自宅で新規で飲食店営業許可を得るよりは、シェアリングキッチンなどを利用する方が効率的と言えるでしょう。


②食品衛生責任者の資格


食品衛生責任者の資格がなければ、料理を提供する上で法律違反になるので、必ず取得しましょう。


6時間の講習(受講料は10,000円前後)を受ければ、誰でも取得することができます。


全国共通の資格なので、取得地域と開業場所が異なっていても問題ありません。


ただし、調理師や栄養士などの国家資格保有者は、講習を免除されます。



4. 準備を整えてゴーストレストランを始めよう!


実店舗のないゴーストレストランと言えど、自宅のキッチンで新たに開業するとなると、


①飲食店営業許可

②食品衛生責任者の資格


が必須です。


先程もお話ししたように、新規で飲食店営業許可を取得することは、申請や調査があり非効率的です。


そのため、飲食店営業許可を新たに取得するよりは、シェアリングキッチンや、飲食店の間借りをするほうが効率的でしょう。


既に飲食店営業許可を得て自宅開業している方や、キッチンの間借りの準備ができた方は、Wi-fi環境を整えて、Uber Eatsなどのデリバリー代行サービスに登録してゴーストレストランを始めましょう!