フランチャイズ起業で失敗を防ぐためには?抑えておくべき3つのポイント


皆さんがよく利用しているコンビニなどのお店はフランチャイズで経営されていることが多いです。


既存のブランド力やネームバリューを生かして集客を行え、ノウハウや経営指導を受けられるので、未経験の人でもお店を開業できるのがフランチャイズの魅力です。

お店を経営してみたいけれど、商品開発や仕入れ先を見つけられるか自身が持てない方や事業の経験がないけれど、経営をしてみたいという方におすすめなのがフランチャイズです。


しかし「本当に儲かるの?」「失敗するのが恐い」という方も多いと思います。


そこで、フランチャイズの実態とフランチャイズを失敗しないためのポイントをご紹介します! 目次:

1. フランチャイズ起業の失敗率は高い?

2. よくあるフランチャイズ失敗例

3. 失敗しないために抑えておくべき3つのポイント

4. リスクを抑えたフランチャイズ起業で成功しよう!

1. フランチャイズ企業の失敗率は高い?


中小企業庁などによると、フランチャイズではなく個人事業で開業・独立した場合、約40%が1年未満に廃業しています。


5年目まで継続して経営できるのはわずか約25%と低いです。


一方でフランチャイズに加盟し開業すると3年後には約70%のお店が経営を継続できています。


つまり、1から起業してお店を持つよりもかなり失敗率が低いです。


先ほど述べた通り、フランチャイズに加盟して開業すれば、個人事業で開業する場合よりも危険性は低いですが、それでも30%は失敗しています。


なぜ失敗してしまうのでしょうか。


失敗するポイントを知ることでフランチャイズ起業の失敗を回避することができます。いくつか要因はありますが、3つの大きい原因をお伝えします。



2. よくあるフランチャイズ失敗例


① 業界選択が合わなかった


いくら未経験者で出来ると言っても、その業態とオーナーが合うかどうかは分かりません。自身が経験したことがある業態を軸にフランチャイズ本部を選ぶ方ことで失敗するリスクは低いでしょう。


② 資金不足


光熱費やテナント代、人件費などの初期費用の用意が間に合わず、開業日が遅れてしまい利益を中々出せなかったり、経営を続けられないという結果になることがあります。


③ 経営者の能力不足


フランチャイズ本部からノウハウや経営指導を教えてもらえることが多いですが、フランチャイズ加盟店のオーナーの経営能力が存続の要になっています。


経営の勉強などを怠ると、当然のことながらお店の経営は続きません。失敗するポイントを見てみると、事前に回避できるリスクばかりです。


フランチャイズ起業を失敗しないためのポイントを抑え、継続できている70%に入れるようにしましょう。



3. 失敗しないために抑えておくべき3つのポイント


① 自身が経験したことがある業態を軸にフランチャイズ本部を選ぶ方がリスクは低いでしょう


②目安の初期費用よりもさらに費用がかかる恐れがあるので、フランチャイズを始めて1から2年ほどお店が気道に乗るまでの資金を用意することをおすすめします


③より売り上げを伸ばすための工夫や努力はオーナーが行うべきです。フランチャイズ本部が行っている人材育成の研修や、フランチャイズ経営や企業についての本

フランチャイズ運営をしている会社も多くなり、フランチャイズ起業の敷居も下がっているので、これからさらに注目される分野です。


個人事業では失敗しやすい開業も、フランチャイズ起業を行うことで成功率が倍以上にもなります。



4. リスクを抑えたフランチャイズ起業で成功しよう!


一度成功してしまえばノウハウを自分のものにできるので、そこからまた新しいビジネスへとつなげることができます。


リスクを抑えて人気のフランチャイズで夢の起業を成功させましょう