フードデリバリー業界の中で、大人気のサービスをランキング形式で徹底解説


現在、加盟店舗も利用客も日に日に増えているフードデリバリーサービス。コロナ禍の現在において、一度は利用したことのある人が多いのではないでしょうか?


この中でも、どのサービスが人気なのか、どんな特徴があるのか、ランキング形式で紹介していきます。



目次:

1.そもそもフードデリバリーとは

2.デリバリーサービスの人気ランキング

3.ゴーストレストランを始めてフードデリバリーに登録してみよう

4.明日からできるフードデリバリー



1.そもそもフードデリバリーとは


近年、スマホアプリやインターネットを通じて、オンラインで料理を注文できるフードデリバリーサービス

そうしたサービスの利用が増えています。


飲食店が注文を受け付け、その店員が配達するサービスは従来から存在していますが、そうした電話での注文に加えてPCやスマートフォンを通じた注文が可能になっています。

近年は、飲食店等以外のプラットフォーム事業者が、飲食店を集めて注文を取り次ぐサービスや、注文の取り次ぎに加えて配達も代行するサービスが提供されています。


こうしたサービスでは、複数の店舗、チェーンがラインナップされており、豊富な選択肢の中から選べるのが大きな特徴です。



2.デリバリーサービスの人気ランキング


レストラン業態(小売店、自販機、社員食堂、学生食堂を除く。宅配ピザを含む)における出前市場は、2018年に4,084億円に成長しています。うち約44%を主要出前7サービス※が占めています。 (出所)エヌピーディー・ジャパン株式会社「外食・中食 調査レポート」※ウーバーイーツ、出前館、ごちクル、d デリバリー、楽天デリバリー、ファインダイン、LINE デリマ

こうした様々なデリバリーサービスをランキング形式で紹介していきます。


1位:Uber eats

大きな特徴は、一般人が「配達パートナー」として料理を配達するオペレーションシステムです。

2016年9月の日本上陸から、現在は10万店舗を超えています。配達可能エリア内なら自宅やオフィスだけでなく駅や公園への配達も可能で、利用しやすいです。

登録店舗はマクドナルドやケンタッキーフライドチキン、スシローといった全国展開のレストランや地域で人気のレストラン、ローソン、成城石井などのコンビニやスーパーマーケット、Francfrancやエディオンといった日用品店まで幅広く展開しています。


2位:出前館

ユーザー数300万人以上を誇る日本最大級の出前専門サイトと言えるでしょう。1999年にサービスを始め、デリバリー業界においてかなり老舗のサービスとなります。

運営実績が長く信頼もあるので、どこのサービスを使おうか迷った時に、出前館を選んでみるのもオススメです。注文可能な加盟店舗数は全国で約7万店舗を超え、エリアや時間ごとにお届け時間がスムーズにわかる仕様となっていて、利用のしやすさが伺えます。


3位:楽天デリバリー

楽天ポイントが使え、ドコモ回線を契約していれば通話料金等とまとめて支払できます。事前予約や、当日の時間指定、予約配達にも対応しています。そのため、食べたいメニューを食べたい時間帯に注文が可能です。お仕事の休憩時間やイベントの時間帯に合わせて、出来立ての料理を楽しむことが出来るのは、嬉しいポイントです。



3.ゴーストレストランを始めてフードデリバリーに登録してみよう


最近のフードデリバリーでよくあるのが、ゴーストレストランによるデリバリーやテイクアウトです

以前までは、実店舗をもつレストランが多く、デリバリーに特化したゴーストレストランのような存在はあまり見かけませんでした。


しかし、コロナ禍の影響もあり、在宅ワークやオンライン授業などが増えたため、外出せずに外の美味しい食事を食べられる機会を求めて、消費者のフードデリバリーに対する需要が日々増してきているのでしょう。


このように大きな需要のあるフードデリバリーサービスを、ゴーストレストランを開業して利用することで、最大限に活用していきましょう。

そのために、まず上記デリバリーサービスのランキングから、気になるフードデリバリーサービスを選択、登録して始めてみましょう。登録料や月会費など、それぞれのサービスによって異なるのでよくチェックしましょう。



4.明日からできるフードデリバリー


明日からフードデリバリーを始めるために

・資格を取る

・デリバリーフードで提供するフードを考える

・キッチンを用意する

・上記ランキングを参考にフードデリバリーサービスに登録する

これらは、明日からすぐにでも準備することができるので、フードデリバリーにチャレンジしてみたいと考えている方は、すぐに取り組んでみましょう。



フードデリバリーサービスには、ランキングにも示したようにあらゆるサービスが存在しています。

加盟店舗も日々増え、利用客も増えているので、新たにレストランを開業したいと考えている方は、まずフードデリバリーサービスを使った、デリバリーやテイクアウトを使ったゴーストレストランの開業を考えてみましょう。