フードデリバリー業界の市場規模をわかりやすく解説


新型コロナウィルス感染拡大に伴い、フードデリバリーの需要が高まっています。実際にフードデリバリーの市場規模はどのように動いているのでしょうか。

またおすすめの飲食店の開業方法についてもご紹介致します。



目次:

1.フードデリバリー業界の現状

2.フードデリバリー業界の市場規模を紹介

3.お金のかからない開業方法を紹介

4.ゴーストレストランに登録してフードデリバリーを始めよう



1.フードデリバリー業界の現状


アメリカの市場調査会社NPDグループによると、日本のフードデリバリーサービスの2020年の市場規模は6264億円で、前年に比べて50%もの増加しています。

これまでも毎年数%ずつ伸びていましたが、ここにきて一気に増えた理由として、新型コロナウイルス感染拡大によりお家時間が増え、デリバリーの需要が大きくなったことによるものとみられています。


2020年のレストラン業態の売り上げに占める出前の比率は6.5%で、前年の3.1%から大きく伸びており、世界も同じような傾向を示しています。



2.フードデリバリー業界の市場規模を紹介


日本のフードデリバリー市場は、2015年から順調に成長しており、2019年4月にエヌピーディー・ジャパンが発表した「外食・中食の出前市場動向分析レポート」によると、2015年のフードデリバリー市場は約3,564億円ですが、2018年には約4,084億円と約14.6%増加しています。


そして、2020年には新型コロナウィルス感染拡大により、外食産業にとっては辛い状況が続いていますが、日本のフードデリバリー市場は飛躍的に成長していると予想できます。



3.お金のかからない開業方法を紹介


低リスク・低コストで飲食店を開業できる方法として、ゴーストレストランというものがあります。


低コストで開業できるポイントとして、ゴーストレストランはデリバリー専門の飲食店であり、注文が入るとシェフが料理を作りデリバリーで商品を届けるので、内装費や人件費が大幅に抑えられるのです。



4.ゴーストレストランに登録してフードデリバリーを始めよう


いかがでしたでしょうか? フードデリバリーの市場規模は益々大きくなっており、時代に合わせて飲食店も変化しています。低リスク・低コストで始められるゴーストレストランを開業したお店が沢山の成功事例を残しており、ゴーストレストランはおすすめの開業方法となっています