コロナ渦で追い風?デリバリーの市場規模拡大に伴う「ゴーストレストラン」の増加


新型コロナウィルス感染拡大に伴い、人気メニューを自宅にデリバリーし、お家時間を楽しむという新しい食事の形態が広がってきています。


この世の中の変化に合わせて巷では「ゴーストレストラン」という物が登場してきました。


ゴーストとレストランという不思議な組み合わせですが、これから飲食店を開業したい!という方に得にオススメの中食業態なので、この機会にチェックしてみて下さい!



目次

1. フードデリバリーの市場規模拡大が加速

2. ゴーストレストランとは?

3. 大手ゴーストレストラン運営会社5選

4. 時代に合ったビジネス「ゴーストレストラン」



1. フードデリバリーの市場規模拡大が加速


スマートフォンなどからオンラインで料理を注文し配達してもらうフードデリバリーが今とても注目されています。


コロナ禍をきっかけにその需要は過去最大となり、市場規模の拡大が止まることを知りません。


「外食・中食市場2020年9月の動向分析レポート」によると、日本のフードデリバリー市場は売上前年同月比で比べると2020年5月に205%越えを記録しました。


同年の9月でも44%の伸びを記録するなど、継続して前年を超えています。


このように、コロナ禍で外出自粛が呼びかけられている現在、目まぐるしい市場規模の拡大があるフードデリバリーは注目すべき中食産業であると言えます。

そして、フードデリバリーやゴーストレストラン開業の需要に合わせて「ゴーストレストラン」開業専門の企業が軒並み増えてきています。


ところでゴーストレストランとは一体何なのでしょうか?



2. ゴーストレストランとは


「ゴーストレストラン」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?


ゴーストレストランは実店舗を持たず、注文が入ると料理をデリバリーでお客様の元まで届けてくれる飲食店のことを指します。


つまり、お店まで行かなくても自宅などで専門店の料理が食べられるということです。


コロナ禍の影響によりデリバリー需要が増えており、市場規模が拡大しています。これからも注目が増える飲食業態であると言えるでしょう。


そこでゴーストレストラン開業について興味がある方に向けておすすめの大手ゴーストレストラン運用会社を5つご紹介いたします。



3. 大手ゴーストレストラン運営会社5選


今回は、「ゴーストレストランをはじめてみたいけど、一体どこに相談したらいいかわからない!」という方のために推薦したい、人気のゴーストレストラン運営会社を5つご紹介いたします。



①株式会社ゴーストレストラン研究所


ゴーストレストランの「Ghost Kitchens」を運営しており、2021年1月に2周年を迎えている、ゴーストレストラン業界の先駆けとも言える会社です。


16種類以上のブランドを展開しており、メディア露出も多い、まさに今注目されている会社です。


②合同会社Wiaas


2021年1月から「デリステーション」でゴーストレストランの加盟店を募集しています。


初期費用0円から加盟でき、低コストでサービス展開が可能という点が嬉しい特徴です。


ブランドも本格的なタイ料理や韓国料理など、食のプロフェッショナルが監修しているメニューであるため、質も保証されています。


③株式会社Globridge


「東京からあげ専門店あげたて」で既存店の空き時間とスペースを活用し、投資0円の売り上げ上乗せビジネスが目玉となっています。


独自のシステムによってUber Eatsユーザーから圧倒的な満足度を得ており、月間指名検索数ではUber Eats内トップという実績を誇っている会社です。


④株式会社バーチャルレストラン


食×ITのコラボレーションでバーチャルレストランの事業を展開している会社です。


タピオカや油そばの実店舗も運営しているため、知識やサポート体制も安心。


サラダチキンやプロテインドリンクなどヘルシー業態から、流行りの韓国ワッフルまで、幅広いジャンルを取り扱っており、独自のノウハウを生かして数々の飲食店のデリバリー導入をお手伝いしています。


⑤株式会社エアサポ


ゴーストセントラルキッチンという1つの飲食店に複数のキッチンを造作し、シェアするデリバリーキッチンを運用しています。


利用者は店舗のブランド決定とメニュ―開発をするだけで、あとは会社が求人・集客・売上管理・広告まで承ってくれるので初心者の方も安心してゴーストレストランの運用ができます。



4. 時代に合ったビジネス「ゴーストレストラン」


コロナの影響により、2020年は飲食店の倒産が過去最多となり、大きなダメージを受けました。


しかしフードデリバリーの中食産業は大きく成長し、中でも特にゴーストレストランの市場規模は拡大しています。


その理由は実店舗を持たず低コスト・低リスクで飲食店を開業できるメリットにありました。


ここ数年間で配達業者のシステムも急成長し、ゴーストレストランは前代未聞の状況下でこれからも時代とともに発達していくと予測できます。


飲食店の開業を夢に見ている人は多く、またそのサポートをしてくれる会社も増えています。


あなたも時代に合った「ゴーストレストラン」で開業を志してみませんか?