【コロナでクラウドキッチンの開業が不安...】そんな方に知ってほしい開業に成功した会社を厳選紹介!




「クラウドキッチンを利用した飲食店でもコロナの影響が心配!?」


クラウドキッチンやデリバリーサービスを使った飲食店は、コロナの影響は受けにくいかもしれませんが、やはり飲食店の開業は不安なのではないでしょうか。


今回は、開業が不安な方に向けてクラウドキッチンを用いた飲食店の開業やコロナ禍でもクラウドキッチンを用いて成功したレストランを紹介します!



目次:

1.クラウドキッチンとは?ゴーストレストランとは違うの?

2.クラウドキッチンの開業方法とは

3.クラウドキッチンに成功した会社

4.クラウドキッチンを使って開業準備を進めよう!



1.クラウドキッチンとは?ゴーストレストランとは違うの?


クラウドキッチンとは一言で言うと、キッチンとしての設備が整っている場所を貸し出すサービスのことです。


昨今注目のクラウドキッチンですが、その理由は何なのでしょうか。


クラウドキッチンは、すでに飲食店営業許可(飲食店を開業するために必要な資格の一つで、保健所からキッチンなどの設備の検査を受ける必要がある)を得ている場合が多いです。


また、キッチンを複数の飲食店(入居者)でシェアすることできるため低価格で借りることができます。


つまりクラウドキッチンを借りて、料理をオンラインのデリバリーサービスで配達すれば、飲食店を経営することができます。


一方、ゴーストレストランは無店舗型の飲食店の総称です。


そのためクラウドキッチンを利用して、飲食店を営んでいるとするとそれはゴーストレストランのうちの一つということになります。


もちろん、自分でキッチンなどの設備を整え、資格を取得した上で(クラウドキッチンを使わず)、デリバリーのみで飲食店を経営している場合もゴーストレストランの一つです。



2.クラウドキッチンの開業方法とは


ではクラウドキッチンを利用して飲食店を開業するためには何が必要なのでしょうか。


一般的な開業の流れをご紹介します。


開業の流れは以下の通りです。

1.クラウドキッチンを借りる

2.デリバリーサービスに登録する

3.食品衛生責任者の資格を取得する


以下で詳細に説明します。


1.クラウドキッチンを借りる

飲食店として飲食物を提供できるキッチンを借りることですぐに飲食店を開くことができるのがクラウドキッチンです。


逆に言うとまずはクラウドキッチンを借りる必要があるということです。


近年ではクラウドキッチンに注目が集まっていることもあり様々なサービスがあります。


そもそも現在飲食店を受け入れているのかに加え、料金体系・立地・飲食店経営ノウハウの支援など各クラウドキッチンで異なりますので自分に合ったものを選ぶ必要があります。

例えば、クラウドキッチンとしては「キッチンベース」などが知られています。


2.デリバリーサービスに登録する

デリバリーサービスとしてubereatsや出前館などが主要なものとして挙げられますが、こちらに登録する必要があります。


売り上げに対する手数料やデリバリーに対応するエリアが異なりますのでどのデリバリーサービスに登録するか検討する必要があります。


3.食品衛生責任者の資格を取得する

クラウドキッチンは営業するための資格が少ないことが特徴ですが、食品衛生責任者の資格は必ず取る必要があります。


基本的には1日で取得することができます。 詳細については各都道府県の食品衛生協会のHPを確認し、忘れすに取得しましょう。



3.クラウドキッチンに成功した会社


クラウドキッチンを開業するまでの流れを2.で解説しました。

開業できたとしても、「本当に成功できるのか」と疑問を持つ方もいると思います。


この疑問を解消するために、クラウドキッチンで成功した飲食店がどのような取り組みをし、どのような成果を得たのか紹介します。


この記事では、クラウドキッチンを用いて成功することができた飲食店として「NY屋台メシ!!チキンオーバーライス」を紹介します。


こちらは、クラウドキッチンを運営するキッチンベースが、自社運営の店舗として「KItchenBASE 中目黒」に開業したゴーストレストランです。


「チキンオーバーライス」がどんな料理かというと、スパイシーなライスとチキン・野菜を合わせたニューヨークの「屋台飯」です。


このレストランを運営するSENTOENによると、最高月商は450万円となっています。

このような月商を創り出した秘訣は、


1)「Mr.CHEESECAKE」で知られる田村浩二シェフが監修したメニュー

2) 最短1分で料理が作れるオペレーションを開発したこと

3) デリバリーで売れやすいエスニック料理のような味わいに注目し、日本で馴染みを薄いチキンオーバーライスをあえて販売したこと


などがあります。


このように、徹底的に料理の味にこだわり、デリバリーで速く提供したことで、クラウドキッチンでの飲食店経営に成功することができたようです。



4.クラウドキッチンを使って開業準備を進めよう!


「飲食店を開業し、自分の店を持ちたい!」 「自分で店舗を経営したい」


このような思いから飲食店を開業したいと考える方もいらっしゃるでしょう。


しかし、飲食店をいきなり開業するのはそう簡単にできることではありません。

「今はまだ難しい」と考えている方もいるのではないでしょうか。


そんな方には、クラウドキッチンから始めてみることをおすすめします!


【手順まとめ】

・営業するための資格

・お客さんがアクセスしやすい店舗を探し、借りること

・キッチンなどの設備を整えること

・従業員を集めること

・キッチンやに売り上げを作ること

上記のことが求められるからです。


クラウドキッチンを利用することで、初期費用や固定費、資格などのハードルが大きく下がります。

さらにクラウドキッチンでは単にキッチンを貸し出すだけではなく、食品衛生責任者の資格を取得するためのサポートや仕入先の紹介など飲食店経営のサポートも行なってくれることが多いです。


本稿で取り上げた5つのクラウドキッチンを利用することで、飲食店開業という目標に大きく近づくことができるのではないでしょうか。


ぜひ参考にしてみてください!