【クラウドキッチンを始めたい方必見】Uber Eats登録から始める新たな飲食店とは?


クラウドキッチンという言葉を聞いたことはありますか?


「クラウド」と「キッチン」が並ぶと想像もつかないかと思いますが、クラウドキッチンは今まさに飲食店を開業したいと考えている方におすすめのサービスです。



目次:

1.今話題のクラウドキッチンとは?

2.クラウドキッチンを始めるために必要なもの

3.クラウドキッチンのメリット・デメリット

4.Uber Eatsにクラウドキッチンを登録してみよう



1.今話題のクラウドキッチンとは?


クラウドキッチンとは、店舗を持たない飲食店などがデリバリー用の料理を作るために貸し出さているキッチンです。


クラウドキッチンで作られた料理はUber Eatsなどの配達員がお客様のところまで届けてくれます。



2.クラウドキッチンを始めるために必要なもの


クラウドキッチンの概要をご説明致しました。

そこでクラウドキッチンを始めるために必要になるのはどのような物でしょうか。


下記で必要なものを紹介していきます。


・初期費用

クラウドキッチンにかかる初期費用は大体100~150万円程です。実店舗をもつ飲食店の開業では1000万円程かかるので、やく1/10程度初期費用が安いです。


・デリバリープラットフォーム

クラウドキッチンではデリバリーに特化した飲食店を開業するため、Uber Eatsなどの商品を配達してくれる企業を選びましょう。



3.クラウドキッチンのメリット・デメリット


新しく登場したクラウドキッチン。実際のところメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

メリット、デメリットそれぞれ紹介していきます。


【メリット】

・初期費用を低コストに抑えられる

クラウドキッチンは店舗を持つ飲食店に比べて約1/10ほど初期費用を安く抑えることができます。


・準備期間が短い

クラウドキッチンは必要な設備が整っているため、すぐに営業許可証を申請することができます。

Uber Eatsなどのデリバリープラットフォームへの登録は1ヶ月、長ければ2.3ヶ月ほどを目安にかかってしまうので注意が必要です。


・人件費が安くなる

クラウドキッチンでは、ホール業務をする人を雇う必要が無いので人件費を抑えることができます。


【デメリット】

・プラットフォームに支払う手数料が高額

プラットフォームに支払う手数料は、売上の35%程度となり、非常に高額です。

プラットフォームが広告・宣伝などをしてくれますので、そのマーケティングコストの一部として考えることもできます。


・営業データが1部しか開示されない

プラットフォームは、レストラン側に顧客データ(性別、年齢、職業など)を開示しません。

したがって、マーケットのニーズを細かく分析することが難しくなります。



4.Uber Eatsにクラウドキッチンを登録してみよう!


クラウドキッチンを利用する際はデリバリープラットフォームに登録することをおすすめします。


利用者数の多いuberEATSではクラウドキッチンを簡単に登録することができるので一度ホームページをご覧になってはいかがでしょうか。