国内最大級のデリバリーサービス「出前館」を徹底解析!他サービスとの違いを紐解く

コロナウイルス感染拡大によってデリバリー需要が高まり、業界では多くの会社が事業に参入していますが、「デリバリー」と聞いたときに多くの人が思い浮かべるのは今もなお「Uber Eats」か「出前館」なのではないでしょうか。


そんな中今回は、国内最大級のデリバリーサービスを展開している「出前館」について徹底解析していきます。


目次

1:出前館とは?

2:出前館ならではの強み・メリット

3:出前館のデメリット

4:まとめ


1:出前館とは?


フードデリバリーサービス「出前館」は2020年12月に加盟店数50,000店を突破し、現在国内最大級のフードデリバリーサービスとしてその名を世に広めています。


また食事のデリバリーだけでなく、ネットスーパーの配達サービスも行っており、現在はデリバリー事業以外にも進出してきています。


さらには出前館の垣根を超えて、LINEと事業提携をした「LINEデリマ」や、ドコモと提携をした「dデリバリー」のサービスなども展開しており、まさに日本国内のフードデリバリーを牛耳っていると言っても過言ではありません。


さらに2017年より、配達機能を持たないお店でも出前館が連携した配達機能を用いて出前が可能となる「シェアリングデリバリー 」を導入しており、加盟店における配送の負担は少なくなりました。


現在はガスト、CoCo壱番屋、ピザーラなど全国的に有名な大手飲食店も加盟しており、幅広い世代が利用しています。



2:出前館ならではの強み・メリット


配送クオリティが高い


出前でも出来立てと変わらないクオリティで配送される点が出前館の強みの一つです。


その秘訣として、出前館独自の容器を開発・導入しており、温かいものは冷めないまま・料理は崩れることなく目的地まで運ぶことが可能です。

日本人向けの安心サービス


海外企業が多いデリバリーサービス業界ですが、出前館は日本の企業が運営しているため、質に安定感があり、ユーザーも飲食店も安心して利用することができます。


さらにシフト制デリバリースタッフを出前館が直接雇用していることも、配送に信頼を置ける理由となるでしょう。


また、ホームページやアプリに関しても「日本人向け」のつくりとなっており、老若男女問わず簡単に利用することができます。

お得に利用できる


半額セールなどのキャンペーンを定期的に行っており、お得に注文することができます。


また、Tポイントがつく仕組みになっているのでポイントを貯めている方にとっては嬉しい点です。

3:出前館のデメリット


ジャンルが限られている


カテゴリが限られており、Uber Eatsなど他社サービスと比べると、個人店やゴーストレストランが手軽に始めるにはあまり適していないことがデメリットの一つとして挙げられます。

最低注文金額が設定されている


Uber Eats(ウーバーイーツ)と比較したときにデメリットと考えられるのが、「最低注文金額が設定されている」点です。


安いものを1品から注文できないことから、一人で気軽に食べたいときに食べるということに関して敷居が高いという懸念点があります。

4:まとめ


出前館は「安心」「安全」「安定」の高品質のサービスを提供しており、特に日本人の利用者にとって親しみやすいことで国内最大級の利用者を誇っています。


しかし、飲食店にとって出前館に出店することは、他社サービスと比べると少しハードルが高いのかもしれません。


出前館のホームページに詳しいサービス説明が記載されているので、是非一読してみてください。