フードデリバリー業界の人気サービスを厳選比較


今人気のフードデリバリーサービスを比較!今後、飲食店の開業を考えている方も”ゴーストレストラン”でフードデリバリーに特化したお店を開いてみてはいかがでしょうか?



目次:

1.フードデリバリーの現状

2.フードデリバリーの人気サービスを比較

3.明日からできる開業方法とは

4.ゴーストレストランに登録してフードデリバリーを始めよう



1.フードデリバリーの現状


新型コロナウイルスが拡大し、飲食業界は大きなダメージを受けました。しかし、そんな外食産業で注目の的になっているのがフードデリバリーです。


最近ではUber Eatsや出前館など15以上のフードデリバリーサービスが日本に普及しています。

では市場規模をみてみましょう?


2015年から成長を続けているフードデリバリー市場ですが、2018年には3631億円を超えました。

その後、市場予測では2021年に5,678億円、2023年に6,821億円へと成長が見込まれています。(参照:株式会社ICT総研 「2021年 フードデリバリーサービス利用動向調査」) 


今までフードデリバリーといえば、ピザや個人経営の出前が当たり前でしたが、今ではUber Eatsや出前館など総合型のフードデリバリーサービスが一般化されてきています。



2.フードデリバリーの人気サービスを比較


それでは、現在人気のフードデリバリーを3選ご紹介したいと思います。


①最低注文金額なしで注文ができる”Uber Eats”

Uber Eats は皆さんにももうお馴染みのサービスではないでしょうか。Uber Etsは一人暮らしの方にもピタッりな最低注文金額が無いフードデリバリーサービスです。

チェーン店から個人経営のレストランまで、登録店舗が豊富なのが特徴です。和食・洋食・中華・イタリアンなどのフードはもちろん、タピオカなどのドリンクやデザートまで注文できます。配達状況がすぐに確認できるので、安心して利用することができます。フードデリバリーを月に5回以上利用するよという方は「Eatsパス」の利用もおすすめです。月額980で配送料が無料になります。初回クーポンもお見逃しなく!


②東京都に住んでいる方はこれ”FOODNEKO”

FOODNEKOは、港区・渋谷区・新宿区をはじめとする東京都内の一部エリアで利用できる出前アプリです。このサービスの特徴は地域のお店が多数登録れていることです。

そして、手数料がとっても安いです。手数料の平均は130円と他のサービスに比べて圧倒的にお得!また毎月22日は猫の日にちなんでお得なクーポンが配信されるのでお忘れなく。

配送地域が限られていますが、対応地域に住んでいる、または会社があるという方にぜひ利用してほしいサービスです。


③24時間注文することができる”menu”

menuは全国の主要都市を中心にデリバリー&テイクアウトを提供する出前アプリです。2021年、現在の対応店舗数は全国約35,000以上で、有名なチェーン店から高級店までさまざまな料理が楽しめます。

エリアによっては24時間注文できるので、夜遅くまで仕事をしている人や朝食にフードデリバリーを利用したい方におすすめなサービスです。現在、配達地域の拡大も進んでおり今後も成長が期待できるフードデリバリーサービスのひとつです。



3.明日からできる開業方法とは


本記事で紹介したのは3つのフードデリバリーサービスでしたが、現在日本では15以上ものフードデリバリーアプリがありその人気拡大は進んでいます。

経営者の方にもこのフードデリバリー人気を是非利用していただきたいです。


一般的な飲食店は店舗を構えるのが普通ですが、ゴーストレストランという新しい形のレストランは実店舗がありません。

ゴーストレストランはフードデリバリーやテイクアウトに特化した飲食店になります。

店舗を持たないことから、”開業まで短時間”、初期費用が抑えられる”、”人件費がかからない”など様々なメリットがあるのが特徴です。


最近ではこのゴーストレストランで開業する方も増加しています。まだ飲食店の経営経験がなくて不安と言う方も大丈夫。”フランチャイズ加盟”をすることで簡単に、そして本部のサポートを受けながら開業することが可能です。



4.ゴーストレストランに登録してフードデリバリーを始めよう


おすすめのフードデリバリーサービス、新しい開業方法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

ゴーストレストランは低コストですぐに始めることのできるメリットの多い飲食店開業方法です!


コロナ禍でフードデリバリーサービスが普及し、これからも配達地域が拡大されていく今だからこそ、この状況を利用してゴーストレストランでの開業を考えてみてはいかがですか。


ゴーストレストランの開業方法、またフードデリバリーサービスプラットフォームへの登録方法の詳細は別のコラムで紹介しているのでぜひチェックしてみてください。