ゴーストレストランとバーチャルレストランの違いとは?その差をどこよりもわかりやすく解説


最近耳にすることも多くなってきた「ゴーストレストラン」と「バーチャルレストラン」。


飲食業界で新しい単語であるため、まだ一般的に馴染みはなく、その定義を正確に理解している方もあまり多くはないのではないでしょうか?


しかし今後デリバリー需要がさらに高まることを考えると、「ゴーストレストラン」と「バーチャルレストラン」の定義やその違いについて今しっかりと理解しておくことは飲食店にとっては必要不可欠です。


そこで今回は「ゴーストレストラン」と「バーチャルレストラン」についてその定義から違いまでどこよりもわかりやすく解説していきます。



目次

1:ゴーストレストランとは?

2:ゴーストレストランの強み

3:ゴーストレストランとバーチャルレストランの違い

4:クラウドキッチンとは?

5:まとめ



1:ゴーストレストランとは?


「ゴーストレストラン」とは、店内にお客様を入れて食事を提供する営業ではなく、電話やネット、アプリから注文を受けてデリバリーのみで食事を提供する飲食店の形態です。


海外では仮想キッチン、ダークストアと呼ばれることもあります。


ウェイターなどは必要なく、シェフが一人いれば成り立つオペレーションであるため、人件費はほとんどかかりません。


また物件費用や内装費用もかからないことから、従来と比べ初期投資を大幅に抑えることができるビジネスモデルとして特に新型コロナウイルス渦で注目を集めています。


配達費を考慮に入れても、極めて低いランニングコストを実現できる仕組みと言えるでしょう。



2:ゴーストレストランの強み


通常、飲食店の開業には大きな資金がかかります。


一般的に1,000万円以上の開業資金の用意が必要だと言われており、しかし、その成功率は決して高いものではありません。


それだけの資金を投入して2年以内に50%が閉店してしまうという大変厳しい現実があるのも事実です。


その要因には固定費である店舗家賃や人件費、食材の仕入費用など、とにかく従来の飲食店経営はハイコストでした。


しかしゴーストレストランは、このような飲食店のリスクをヘッジできることで注目されています。


顧客を店舗に入れることがない為、立地によるデメリットを受けません。


そのため人通りの多い家賃が高いところを借りる必要がなく、接客のためのウェイター雇用も必要ないので、大幅なコストカットが可能なのです。



3:ゴーストレストランとバーチャルレストランの違い


ゴーストレストランと似たような形態で「バーチャルレストラン」と呼ばれるものがあります。


ゴーストレストランは実店舗を持たずにデリバリーだけで店舗を運営するのに対し、バーチャルレストランはあくまで実店舗を運営しながら、サイドビジネスとして実際の店とは異なる店をデリバリー上でのみ展開することを指します。 例えばイタリアンレストランが、バーチャルレストランとしてデリバリータピオカ店や油そば店を開業するような仕組みとなっています。


店舗を改装したり、看板を変える、メニューを変更し再印刷したりすることなく、新しいジャンルのレストランを少ない手間と費用でオープンすることができるのです。


バーチャルレストランはこのコロナ禍の既存飲食店にとって救世主的な仕組みとも言えるかもしれません。



4:クラウドキッチンとは?


さらに、ゴーストレストランを開業するために特化して建設されたクラウドキッチンという新業態も数を増やしています。


クラウドキッチンには店内飲食ができるスペースは設けられていなく、あくまで調理に特化したキッチンのみが設置されており、通常の飲食店では重要視される立地もそれほど重要ではないため、物件の費用を抑えられることも魅力の一つです。



5:まとめ


いかがでしたか?


ゴーストレストランとバーチャルレストランの定義には多少の差がありますが、どちらもコロナ渦で飲食業界を支える要であることは間違いありません。


厳しい状況下にある飲食業界ではありますが、人々が食に楽しみを求める想いは消えることはありません。


売上減少で悩んでいる既存飲食店は、バーチャルレストランという新たなスタイルを導入することで売上の創出、さらに独立や新たな事業を考えている事業者様はゴーストレストラン開業を視野に入れてみてはいかがでしょうか。