コロナ禍で話題のバーチャルレストランとは?明日からできる開業方法をご紹介


今話題のバーチャルレストランって知っていますか?


バーチャルレストランはこのコロナ禍でダメージを受けた飲食店を助けてくれる救世主になること間違いなしです。開業費用を最小限に抑えられたり、空いた時間で売り上げを作れるなど、メリットが盛りだくさんのバーチャルレストランを利用して明日から開業準備を一緒に始めましょう!



目次:

1.バーチャルレストランとは

2.なぜいま急増しているのか

3.バーチャルレストランを開業するために必要なこと

4.開業準備を始めよう



1.バーチャルレストランとは


バーチャルレストランの説明に入る前に、まずは”ゴーストレストラン”の説明からしたいと思います。

ゴーストレストラン”とは店舗を持つことなく、アプリから注文を受け、フードデリバリーのみで食事を提供する新しいカタチのレストランです。


従業員が必要なく、シェフが一人いれば成り立つため人件費がかからないことがメリットとされています。また、店舗を持たいないことから内装費もかからないため初期費用を最小限に抑えることが可能です。


一方、ゴーストレストランと似たような形態が”バーチャルレストラン”です。


ゴーストレストランは実際の店舗を持たずデリバリーに特化した経営方法ですが、バーチャルレストランは実店舗を経営しながら、並行して実際のお店とは異なる店をデリバリーのみで展開することをいいます。

あくまでサイドビジネスとしてデリバリーに特化した店舗を出店するのです。もちろん複数出店することも可能です。


バーチャルレストランはこのコロナ禍でフードデリバリーの需要が増えたことから注目を浴びはじめ、新規店舗開業させるよりも初期費用を大幅に抑えられることから開業する人が増えました。



2.なぜいま急増しているのか


バーチャルレストランを始める理由の多くがコロナウイルス拡大の影響でお客さんが減ってしまったことです。新型コロナウイルスの拡大により、飲食店では来店数が急激に減りました。


大ダメージを受けた飲食業界は閉店に追い込まれるお店も少なくはありません。そんな中、バーチャルレストランを始めることで少しでも売り上げの足しにしたい、来店数が少ない時間にデリバリーのサイドビジネスをしたいという方がバーチャルレストランをはじめています。


バーチャルレストランのメリットとしては

①追加でお店を構えないため”低リスク・低コスト

②新規に人を雇う必要がないため”人件費を抑えられる

③すぐに販売商品を変えることができるので”流行を追うことができる

④複数店出店が可能なので”収入源を増やせる


などが挙げられます。

上記のようにメリットも多いバーチャルレストランは魅力の多い新しい飲食店のかたちですね。今の時代にもあった経営方法だといえます。



3.バーチャルレストランを開業するために必要なこと


バーチャルレストランを始めるために必要なものは、実店舗営業をしている店舗があること。ただそれだけです。Uber Eatsの場合だと、飲食店の”営業許可書一枚”でバーチャルレストランを開くことができます。


ただ、実店舗に加えてデリバリー上でもブランド展開をするとなると、メニュー数が増えるため、オペレーションの改善やキッチン内の物の配置などを見直しておくといいですね。

登録するフードデリバリープラットフォームに関しても自分の希望するサービスが揃っているものを比較検討しておきましょう。



4.開業準備を始めよう


バーチャルレストランに関して紹介してきましたがいかがでしたか?

今までデリバリーをしてこなかったから急にはじめるのは不安、、、というお店も大丈夫です。

説明の通り、簡単にそして、低リスクでバーチャルレストランは始めることができます。

特に、フランチャイズ加盟では調理もマニュアル化されており、出店前後のサポートもしっかりしているので安心して開業の準備をすることができます。


現在コロナ禍で外食産業はとても苦しい状況です。現状を打開し売上回復したい方、空いた時間を利用して収入を増やしたい方、新しい飲食店の取り組みとして、バーチャルレストランは急速に市場規模を拡大しています。


また、海外と比べると、日本の市場はまだ伸びしろがあるといわれており、まだまだ可能性を秘めたビジネスといえるでしょう。皆さんこんな状況だからこそバーチャルレストランを活用し開業準備を一緒に進めていきませんか。