『健康ハンバーガー』でデリバリーの新境地を開拓




目次

1.実店舗の業種はどんなことをしていますか?

2.新型コロナウイルスによるお店への影響を教えてください。

3.デリバリーを始めてみて

4.今後のビジョン

5.これからバーチャルレストランを始める人へ



1.実店舗の業種はどんなことをしていますか?

「体にいいものを。ジャンクじゃない自然派野菜ハンバーガー」をテーマにして、有機野菜を使った健康的なハンバーガーを作っています。


赤身のお肉を100%使用したパテと、こだわりの有機野菜を使った従来のイメージとは異なるヘルシーで罪悪感のないハンバーガーをご提供しています。



店舗詳細はこちらから

2.新型コロナウイルスによるお店への影響を教えてください。


四谷のお店はオフィス街の中に位置するため、新型コロナウイルスの影響で予約が急激に減ってしまいました。


新店舗の本郷店はもともとビストロをメインで営業する予定でしたが、方向転換のゆえ、現在はデリバリーのみの販売に絞っています。


もう少し落ち着いてきたらテイクアウトも展開していく予定ですが、現在はUberEats、menu、出前館に出店しておりまして、デリバリーに力を入れています。



3.デリバリーを始めてみて


新型コロナウイルスの影響で実店舗の売上はかなり下がってしまったので、デリバリーに力を入れるようになりました。


始めはデリバリーサービスの手数料もありますし、本当に売れるのかどうか不安もありました。


しかし始めてみると思ったよりも商品が売れて驚きました。


普通は共存しないような「ヘルシー」というカテゴリーと、「ハンバーガー」というカテゴリーが合わさった新しいジャンルがユーザーに刺さったのかもしれません。


新メニューや新しいセットメニューなどもデリバリー上では簡単に挑戦できるのも大きいです。



4.今後のビジョン


現状はUber Eats上でのハンバーガーの販売を主体にしつつ、他の業種もデリバリー上で広げていきたいと思っています。


今は人気の唐揚げや韓国チキンなどにも興味があります。


新型コロナウイルス渦で飲食業界は全体的に厳しい状況ですが、今後も新しいことへの挑戦は続けていきたいです。


もう少し余裕ができたらハンバーガーのバーチャルブランドを作ってフランチャイズ化していくことも考えております。



5.これからバーチャルレストランを始める人へ

デリバリー上で色々なことができるご時世で、それに合わせた対策をしているところと、していないところでは売上が大きく変わるということです。


私たちも始めてみるまでは正直不安もありましたし、今でも試行錯誤を繰り返す日々ですが、デリバリーを始める前と後では売上も大きく違います。


さらにデリバリーを始めたことにより、新しいことにも挑戦しやすくなり、お店に活気も出ました。


しっかりと時代や状況に合わせた対策ができていれば、後から参入した飲食店でもまだ勝ち筋はあると思っています。


デリバリー業態はまだまだ盛り上がっていくと信じてこれからも成長を止めず、進化し続けていきたいです!