【フランチャイズ初心者必見】飲食店をフランチャイズで始めたい方に知ってほしい必須情報


フランチャイズとは本部からブランドや経営ノウハウを提供してもらい、それを基に経営をするようなビジネスです。

もちろんそのようなブランドやノウハウの提供の対価として、飲食店は一定のロイヤルティーを支払うのが一般的です。


今回はそんなフランチャイズで飲食店の経営を成功させるために必要なことをご紹介します。



目次:

1. フランチャイズ起業の成功率は?

2. よくある飲食フランチャイズ成功例

3. 失敗しないために抑えておくべきポイント

4. ゴーストレストランを使ったフランチャイズ起業で成功しよう!



1. フランチャイズ起業の成功率は?


フランチャイズでの起業の成功率は70%と言われています。

70%という数字を見てみなさんお分かりいただけると思いますが、一般的な起業と比べて非常に高い数値です。


フランチャイズでの企業が安定している理由として、一からブランドや経営ノウハウを築く必要がないことがあります。

この結果、非常に安定したビジネスモデルとなり失敗の可能性が下がっているのです。


もちろん売上に対して一定のロイヤルティを支払う必要があるので、大きく稼ぐということに対しては少し制限がかかるかもしれません。さらにブランドや経営ノウハウの提供を受けるということはこれだけ経営の自由度が下がるということを意味します。


例えば加盟しているフランチャイズのブランドのコンセプト以外のメニューやサービスを提供することは難しいことなどが一例です。

しかし起業において最初のハードルとなりうる「利益を出せるか」ということに関しては、フランチャイズであるとハードルが低くなるということがいえます。



2. よくある飲食フランチャイズ成功例


フランチャイズは失敗の可能性が低いことをご説明しました。

ではフランチャイズで失敗を防ぎながら、成功するためにはどうしたらいいのでしょうか。


ここではフランチャイズのよくある成功パターンを以下でご紹介します。

1.フランチャイズのブランドや経営ノウハウを活かす。

2.初期費用や維持費用などのシュミレーションを綿密に行い、その上で安定した経営を行う


→1.フランチャイズのブランドや経営ノウハウを活かすという点です。

フランチャイズの本部から飲食店経営のノウハウを得るための研修や他の店舗で現場の体験をできるような機会がある場合があります。


さらにフランチャイズのブランドが消費者一般に知られていることもあるでしょう。 これらをフル活用することで、飲食店の経営を軌道に乗せるということです。


フランチャイズ本部の研修や指導を受けることで、飲食店ビジネス未経験の状態から経営に成功しているパターンもあります。


また飲食店の開業を検討している人の中には「今まで飲食のビジネスに関わってきたが実際に飲食店を経営するのは初めて」という方もいらっしゃるでしょう。

そのような方も、飲食店の特に経営に関するノウハウを得られるため、フランチャイズの加盟は非常に魅力的と言えます。


→2.初期費用や維持費用などのシュミレーションを綿密に行い、その上で安定した経営を行う

初期費用や維持費用がどれくらいかかるかを様々なフランチャイズで比較検討することが重要です。

フランチャイズでの経営は比較的初期費用や維持費用を抑えることができます。


しかし、運営にかかる費用はやはり飲食店の経営のリスクになりえます。さらに、どれぐらいの売上を立てることができれば飲食店を経営することができるのかシュミレーションすることも求められます。


このようなシュミレーションを十分に行なうことができれば、その上で自分に合ったフランチャイズに加盟することができるでしょう。また飲食店の運営を持続的に行っていくにあたり当初の計画とどれぐらいズレがあるのか把握し、必要に応じて改善していくことができるようになります。


いずれの場合でもフランチャイズのメリットを最大限生かすことが成功の秘訣といえます。



3. 失敗しないために抑えておくべきポイント


失敗しないために押さえておくべきポイントは、本部とうまく折り合いをつけてながら、一方でフランチャイズだからと言って本部に依存しすぎず経営していくことです。


まず折り合いをつけるとはどういうことかと言うと、本部の指導や経営の制限に対してある程度従いながら飲食店の経営を行っていく必要があるということです。

例えばフランチャイズが提供するメニューとは全く異なるようなジャンルや価格帯のメニューを開発することは難しいでしょう。


どのような方針で飲食店を経営していくか見通しを立てておき、様々な取り組みを行うにあたり、フランチャイズであることが足かせにならないようにすると良いでしょう。


もちろんフランチャイズでの経営であっても、飲食店の経営者になるということになります。

運営をするにあたり、様々な観点においてうまくいった原因や失敗した原因を分析し、PDCAを回していくことが求められます。


飲食店の場合であればフランチャイズのブランドとしてできる範囲内でメニュー変更や新メニュー考案など、お客さんに受け入れられるために工夫をする必要があるでしょう。



4. ゴーストレストランを使ったフランチャイズ起業で成功しよう!


この記事ではフランチャイズでの飲食店の起業についてご説明しました。

最後にフランチャイズとゴーストレストランを組み合わせて開業するべき理由についてご紹介します。


ゴーストレストランとは客席を持たない飲食店のことです。

客席を持たないので初期費用や維持費用が抑えられます。 さらにお客さんの自宅などに料理を届ける形になるので、現在のようなコロナ禍でも比較的影響を受けにくい飲食店の形です。


つまりゴーストレストランもフランチャイズと同様に、飲食店を経営するためのハードルが低いということがいえます。 ゴーストレストランとフランチャイズを組み合わせると初期費用や維持費を抑えることができますし、さらに飲食店経営のノウハウやブランドがなくても飲食店の開業に成功する確率が高まります。。


コロナ禍で特に飲食店は先行きが不透明であるのは事実ですが、フランチャイズとゴーストレストランを組み合わせることで今すぐ飲食店を開業することも不可能ではありません。是非検討してみてはいかがでしょうか。